薄毛は自毛植毛手術で解決することが可能である

男性

確立された治療法

看護師

安全ルートで薬を入手

一般病院の皮膚科でも行われるようになってきたAGA治療ですが、治療方法はある程度均一化されています。フィナステリド成分が配合された「プロペシア」という抜け毛防止薬による治療です。プロペシアには、統計データなどから抜け毛が減る効果が認められており、国内では唯一認可されているフィナステリド成分です。一般病院では、基本的には、認可されていないフィンペシアなどの処方は行っておりませんので、安全性には問題ありません。また、個人でこうした薬を購入する方も最近は見られますが、副作用の危険もあるため、極力避けるべきです。皮膚科で治療を行うメリットは、検査や問診を通じて、プロペシアが合う場合に限って処方が行われますし、認可された薬を正規のルートで購入できますから、安心感を確保できます。

医師に相談できる

皮膚科にかかるメリットは、気になる症状が起きた場合に相談することができる点です。例えば、プロペシアを服用した場合のはじめの1ヶ月間程度は脱毛が出る可能性が低くはありません。これは、ヘアサイクル(成長期、退行期、休止期の発毛サイクル)を正常化する過程で起こる脱毛です。この初期の段階でくじけないことが重要になってきます。また、処方されるプロペシアは実際には発毛効果があるわけではありませんから、「発毛しているな」と感じるためには、ヘアサイクルが成長期に入るまでは感じることはないでしょう。したがって、数ヶ月間は服用しなければ、発毛を実感することは難しいことに注意が必要です。こうした知識を事前にしっかり収集することもできますし、副作用らしき症状など気になることが生じた場合にはすぐに医師に相談することも可能です。皮膚科などの一般病院にかかることは、様々な面で安全性が保たれています。