薄毛は自毛植毛手術で解決することが可能である

男性

男性型脱毛症の原因

髪の毛に触れる男の人

男性型脱毛症とは成人男性が発症する薄毛のことです。主に男性ホルモンやストレスや食生活などが原因でなります。男性型脱毛症用の育毛剤は、男性ホルモンから起こる薄毛に効果があります。食生活を見直すことも薄毛を予防するのに効果的です。

View Detail

自分の髪を活かす治療

髪の毛

髪に対する治療方法として、核心的で持続可能なものが自分の髪を薄い部分に植えこむ植毛があるようだ。その治療に対応したクリニックは東京にも多数存在しており、国内のみならず世界をリードする技術力をみせている。

View Detail

自分の髪で薄毛を治す

メンズ

これだけは守りたい注意点

自毛植毛は、自分の髪の毛を移植することで薄くなった部分の頭髪を再生する、いわば薄毛治療の切り札的存在です。移植した髪が定着すれば、元から生えていた髪の毛と同じように扱え、しかも元々自分の髪ですから見た目にも自然です。このように様々なメリットがある自毛植毛ですが、やはり手術を伴う治療ですので、注意したい点もあります。最も気をつけたいのは手術後のケアです。手術後、2週間が経過するまでは、まだ植毛した髪がしっかりと定着したとは言えません。手術後2日目から洗髪はできますが、刺激の少ないシャンプー剤で、スポンジなどを使って優しく洗うようにしましょう。また、この間は激しい運動も避けた方が良いでしょう。特に、サッカーのヘディングなど、頭に刺激を与えるものは厳禁です。それから、タバコは血行を悪くしますので、手術後2週間は禁煙しましょう。自毛植毛はデリケートな手術です。アフターケアをきちんと守って、納得の結果を手に入れましょう。

自分の髪が生えてくる

自毛植毛とは、基本的に後頭部などの毛がしっかりと生えている所からドナーを採取し、それを薄い所に移植することで、増毛を図るものです。やり方としては帯状に切り取ってから株分けして移植する方法と、パンチで毛包ごと採取し、そのまま移植する方法とがありますが、手術することに変わりはありません。いずれの方法をとるとしても、共通した特徴としては、術後のメンテナンスが必要ない、ということがあります。もちろん、移植後の様子を見なければなりませんので、通院の必要が全くないわけではありません。が、移植した髪が定着しさえすれば、元々そこに生えていた髪のように成長し、生え変わり続けてくれるのです。もちろん、セットやパーマ、カラーリングも可能です。本当に自分の髪の毛が生えてきた、そんな感覚を味わうことができるでしょう。文字通り髪が再生したことを実感できる自毛植毛、これからますます利用者は増え続けることでしょう。

確立された治療法

看護師

皮膚科でのAGA治療は「プロペシア」という脱毛防止薬を服用する方法が用いられています。認可された薬を正規のルートで処方してもらいますから、安心感を確保できます。万一、副作用が生じた場合や、発毛のサイクルを正常化する過程で起こる初期脱毛の症状が見られた場合には、相談に乗ってもらいましょう。

View Detail